送電部門

2021年 入社

新しい技術を覚えるため、日々努力です。

スチールエンジニアリングセンター所属 高橋 諒

※所属部署・役職はインタビュー当時のものです。

現在の仕事内容を教えてください。

鋼構造物のメンテナンスを行っています。

主に東京電力の送電線を支える送電鉄塔や社会インフラを支える鋼構造物のメンテナンスを行っています。具体的には、お客さま設備に昇り、鋼材の劣化状況、発錆状況を目視で確認し、状態によっては防錆塗装を施します。
鋼構造物メンテナンス技術を習得するため、これからも知識や経験を積み、少しでも早く仕事になれ、電力の安定供給や社会インフラの保全に貢献できるよう努力します。

入社を決めた理由について教えてください。

社会インフラ設備に関わる職業に就きたかった

数多くある社会インフラ設備の中でも、電気という私たちの生活においてなくてはならないライフラインに携われると考えたことがきっかけです。また、当社は社会インフラ設備のコンサルティングから施工まで一貫して業務に携われるということで応募することにしました。

仕事の1番のやりがいは何ですか。

日々の成長が感じられる

この仕事に就いて、初めて触れる知識・技術が多いため、覚えることが大変ですが、その分自分自身の技術力の成長が感じられる点です。また、所属しているスチールエンジニアリングセンターも比較的新しい部署で、新技術や工法を開発しており、部署も人も一緒に成長していることが実感できる点もやりがいにつながっていると思います。

これから入社する人に向けてメッセージをお願いします。

元気が一番

送電鉄塔といった高いところで安全に作業を行うには、周囲の方との信頼関係が必要となります。職人さんとの関係づくりも、明るく元気な姿勢・態度で臨めば、相手もそれに応えてくれるので、良い信頼関係が築けると感じることが多くあります。
「元気」があれば前向きな姿勢となり、前向きな姿勢は大きな成長につながると思います。
元気で成長できる皆さまをお待ちしております。

他のインタビューを見る