土木部門の仕事
土木部門は、長年に亘り水力発電所の設備点検業務で培われた技術を基に、当社独自に開発した各種点検ロボットを活用し、各種設備の点検、調査、診断、補修まで、一貫した設備保全事業を全国に展開しています。

水力発電所の水圧鉄管の内部状況や、鋼材の板厚等の測定を行う業務です。

自社開発した各種点検ロボットを社員が操作し、各種点検業務を行います。
また、点検結果をもとに設備診断や補修方法の提案等、コンサルタント業務も実施しています。

長大吊り橋の点検業務にも参加しています。

吊り橋のハンガーロープ(垂直ロープ)等の点検や補修等を実施しています。
写真は、日本最大級の瀬戸大橋での点検作業、吊り橋上部から瀬戸内海を眺めながらの仕事は爽快です。

各種ロボット制作・メンテナンスも自ら実施しています。

お客様から依頼を受けたロボット・装置等の設計・制作や、保有する各種点検ロボットのメンテナンスを実施する施設を保有しています。
精密機械加工を専門とする技術者が3Dキャドや3Dプリンター等を駆使して、日々活躍しています。