土木部門

2014年 入社

確実に成長できるように、知識を積んでいく毎日です。

群馬センター所属 梅野 慎太郎

※所属部署・役職はインタビュー当時のものです。

現在の仕事内容を教えてください。

水圧鉄管をメインに保守点検を行っています。

私が主に従事している業務は、水圧鉄管の診断業務です。超音波厚さ計を取り付けた水圧鉄管板厚測定ロボットを使用して水圧鉄管の厚さを測り、水圧鉄管の健全性を診断しています。また、カメラが付いた水圧鉄管内部点検ロボットを使用して水圧鉄管内部の状況を調査する業務も行っています。水圧鉄管の維持管理には非破壊検査の技術が必要なため、これからも知識や経験を積んで資格取得を目指し、一人前の技術者になれるよう頑張っていきます。

入社を決めた理由について教えてください。

周りと違った職業に就きたかった。

高校では土木科ということもあり、友人には建設業に進む人が多くいましたが、私は周りとは違う仕事をしてみたいと思い高校の進路指導の先生に相談したところ、先輩方が多く勤めている当社を紹介されたのがきっかけです。当社について調べてみたところ、変電・土木・地中線部門があり、電力設備の保守点検を通じて電力の安定供給に寄与していることを知りました。その中でも土木部門は水力発電所に関わる業務を行っており、以前より興味があったダム等に携わる仕事ができることから応募することにしました。

仕事の1番のやりがいは何ですか。

自分の成長を感じられたとき。

水圧鉄管の点検では、点検の内容に応じてロボットを使い分けます。点検を行うにはロボット、ケーブル、制御器など現場での組み立てが必要になり、点検中も送信されてくるデータを見ながら点検を進めます。始めは先輩に聞きながら組立たり、点検中はご指導を頂きながらデータの読み取り方などを教わりました。点検を重ねるうちに、組立から点検までできるようになりました。そこで、今までできなかったことができるようになったときにやりがいを感じました。まだまだ知識が足りない部分がありますが、もっと経験を積んで任せていただける業務を増やせるように頑張っていきます。

これから入社する人に向けて一言お願いします。

挨拶の重要さを感じてほしい。

これから入社するにあたり大事だと思うことは「挨拶」です。仕事をしていく上で、他社の方やお客さまなど、初めて会う方はたくさんいます。その際にこちらから挨拶がしっかりできれば、相手の方の第一印象も変わり、良い印象を持っていただけると、信頼関係が生まれ、仕事の進み具合も違ってくると思います。基本的なことかもしれませんが、当たり前のことが当たり前にできることはとても重要だと思うので、入社した際にはぜひ「挨拶」を意識してみてください。

他のインタビューを見る