変電部門

2019年 入社

ひとつひとつの作業を確実に覚えるよう、努力の日々です。

茨城センター所属 螻 哲也

※所属部署・役職はインタビュー当時のものです。

現在の仕事内容を教えてください。

変電設備の保守点検を行っています。

主に東京電力の変電所内の受変電設備と、特別高圧受電の需要家様の受変電設備保守点検を行っています。お客さまによって設置している設備の製造者や型式などが違うため、点検技術ポイントや安全ポイントなど覚えることが多いのですが、その分やりがいを感じています。実作業においても先輩方に教わりながらグループ全員で協力し、点検が無事完遂した時は達成感を感じます。また、帰社後も点検で得られたデータの分析や整理を行い、次の点検に向け計画書の作成補助や資機材の準備を行っています。
今は数多くの経験を積むことで、少しでも早く仕事に慣れ、電力の安定供給に貢献できるよう努力しています。

入社を決めた理由について教えてください。

大学で学んだ分野を活かした仕事に就きたかった。

私は、大学で電気電子科を専攻し、大学1年・2年前期で電気関係、大学2年後期・3・4年で電子・情報・通信関係の勉強をしており、大学で学んだことを活かしつつ労働環境がいい会社を探していました。
学んでいた内容が情報系に寄っていたこともありIT関係の仕事に就こうと考えていましたが、大学3年生の夏に2週間のインターンシップに参加させていただく機会があり、その会社が当社でした。インターンシップでは、当社の重要性・強みや社内の労働環境、インフラ関係の需要の高さなどを知り、刺激を受け入社を決めました。

仕事の1番のやりがいは何ですか。

電力の安定供給に直接携わっている。

この仕事における一番のやりがいは、自分自身で点検・保守を行っている設備が、電力の安定供給につながっているということに実感できることです。受変電設備の点検を行うことで、機器の初期異常を早期に見つけることができます。そのままにしておけば壊れてしまい停電に直結してしまう、とても重大なことです。その異常を速やかに修理、手入れすることで継続して健全な電力を安心して送ることができます。電力という社会に必要不可欠なものを職場の先輩方やパートナー会社の方と共に協力し、メンテナンス業務を通して安定供給に貢献できていることに誇りを感じています。

これから入社する人に向けてメッセージをお願いします。

共に成長しましょう。

私は入社してから1年になります。振り返ると様々なことがあり、社会人として学ぶことの多い1年となりました。特に感じたことは、時間はあっという間に過ぎてしまうということです。入社してから、少しでも早くたくさんのことを覚えようと、充実した日々を送ってきたので、驚くほどの速さで1年が経ってしまいました。
当社の先輩方はとても知識が豊富です。質問をすれば詳しく教えてくださったり、見本となるような素晴らしい先輩方が沢山います。
私はまだまだ未熟ですが、先輩方のような技術者になれるよう、頑張っていきたいと思っております。共に成長していける仲間を待っています!

他のインタビューを見る