地中部門

2018年 入社

お客様の安心と信頼のために力の限り仕事に取り組みます。

管路保全工事センター所属 剥岩 智成

※所属部署・役職はインタビュー当時のものです。

現在の仕事内容を教えてください。

地下構造物のメンテナンスを行っています。

現在は、電力会社のトンネル、地下構造物の現場で点検・調査・補修等の保全業務を行っております。
事務所では点検・調査結果をもとに報告書作成及び補修業務に向けた事前準備を行っています。
また、補修業務に使用する補修材の性能確認、開発に関する業務に取り組んでいます。

入社を決めた理由について教えてください。

学生時代に憧れていた仕事。 責任感を持ってやり遂げる。

私は、高校、大学で土木分野を専攻する中で、都市部に埋設された土木構造物のメンテナンスという形で電力の安定供給に携わりたいと考えていました。
大学3年生の冬に会社説明会に参加し、地下構造物のメンテナンス技術、保全・保守に対する取り組みに魅力を感じ、入社する決め手になりました。

仕事の1番のやりがいは何ですか。

地中構造物の保守・保全に直接関わる現場第一線で活躍できる。

現場第一線で点検・調査・補修を行い、地中設備の構造に対する知識の向上を実感するとともに長期にわたり、協力会社の方々と一緒に作業を行うことでコミュニケーションの向上を実感することができました。
また、電力関係の地中設備のメンテンナンスに携わっていることで電気の安定供給に繋がっていることに責任感とやりがいを感じました。

これから入社する人に向けてメッセージをお願いします。

様々なスキルが身に着けられるところも魅力です。

私たちの会社は、メインとなる電気分野を含め、構造物の保守・保全に必要な土木分野のスキルや鋼構造点検に使用する点検ロボットのメンテナンスに必要な機械分野のスキルなど多種多様なスキルが発揮できる会社です。
東京電力での研修やOJTなど研修を受ける場が充実しており、様々なスキルが身に着ける会社だと私は感じています。
職場環境も大変良好であり、この会社に入ってよかったと実感しています。
皆さんが入社するのを楽しみにしています。

他のインタビューを見る