変電部門の仕事
変電部門では、日々の生活に欠かすことのできないエネルギーである電気を使いやすく配分して供給するための電力設備をメンテナンスしています。
電気エネルギーの安定した供給を支え、社会に貢献できる仕事です。
オフィスビルやホテル、デパート、タワーマンション、ショッピングモール、病院から工場にいたるまで、暮らしに必要な電気を届ける電力・電気設備のメンテナンスや、更新・改修・新設工事などを行い、地域社会の安心・快適な生活を支えています。

東京電力の変電設備のメンテナンスを行っています。

電力会社の変電設備は発電所から送られてきた大きな電気エネルギーを、お客さまの使いやすい電気に変換するための設備です。安定した供給や不慮の事故に対応するために変電設備である保護継電器※1や遮断器※2、変圧器※3などの様々な設備メンテナンスを行います。
設備コンディションに基づいて点検・手入れインターバルを設定・提案し、高品質で最適な点検・修理・設備更新等を行い、電力の安定供給を支えています。

オフィスビル、工場、遊園地などの受変電設備のメンテナンスも行っています。

オフィスビルや大規模工場などの受変電設備の保護継電器※1、遮断器※2、変圧器※3などの定期点検を行い安定した供給を支えています。電力会社での設備保守で培った、確かな技術、豊富な経験、地域密着型のサービスでお客さまの電気設備の保守点検や外部診断を確実に実施します。
最新の保守技術を開発・導入し、診断・点検・手入れの結果から設備更新の提案を行い、お客様が安心して電気を使えるようにする仕事です。

お客様のニーズに合わせた、受変電設備の工事・設計・施工まで行います。

新しい地域への電気エネルギー供給や、古くなった設備を更新するために、電力会社の変電所建設工事などで培った確かな技術と豊富な経験を基に、品質の高い工事を行います。オフィスビルや大規模工場などの特別高圧電力から各種施設、マンション等の高圧電力まで、多様な受変電設備工事を設計から施工までワンストップで実施し、お客様のニーズをカタチにする仕事です。
※1.保護継電器:電流や電圧の変化を検出して信号を送信し、電気回路を保護するための装置。
※2.遮断器:電気回路の開閉を行うスイッチの一種で事故電流の遮断を行う装置。
※3.変圧器:電磁誘導を利用して交流電圧を昇降させる装置。